敏感肌さんの化粧品とアンチエイジング美容

敏感肌にやさしい化粧品と美容、アンチエイジングのブログ

スポンサーリンク

【唇が痛い・唇の荒れ】がプロペト(ワセリン)で治った。口にやさしい歯磨き粉

1ヶ月ほど前に唇(くちびる)が痛くなりました。

ヒリヒリ、ピリピリする感じです。

 

それで、鏡で唇を見てみると、黄色いかさぶたのようなものが唇にできていました。

 

今年の春には唇と顔の皮膚がヒリヒリして痛くなり病院の皮膚科を受診したのですが、今回は唇だけの痛みでした。

 

痛みは春に起こったときと同じ痛みです。

 

春に顔が痛くなった原因は、化粧品の美白成分が肌に合わなかったことや、黄砂・PM2.5などの影響ではないかなと思います。

 

今回の唇の痛みの原因はよくわかりません。


唇だけなので、リップクリームや口紅の成分がよくなかったのかな… ?

 

唇が痛いときに試したこと

唇の痛みは数日で治るかなと思っていたのですが、なかなか治らず、2週間くらい痛みが続きました。

白色ワセリンをつける

唇が痛くなったときにしたことは、まず、家にある白色ワセリン ソフトを唇に塗りました。

 

白色ワセリンは、肌荒れなどで皮膚が乾燥してカサカサしている場所につけたり、傷の治りかけで薬が必要なくなった部分などに、保湿のために塗ることがあり、家にいつも置いています。

 

 f:id:cosme-bb:20171215195428j:plain

 

ワセリンは手荒れや肌荒れなど乾燥対策に良いようです。

 

白色ワセリン ソフトは、かたくなく、やわらかいので、皮膚に塗りやすいです。

 

白色ワセリンを肌に塗ると、皮膚の状態がよくなることが多いのですが、1ヶ月前に起きた唇の痛み・荒れた部分は、白色ワセリンを何日間かつけていても痛みの症状は治りませんでした。

 

唇は、食事をするときに食べ物が触れて、その食べ物が刺激になることがありますね。

 

痛みが出ていたときには、醤油などの塩分の多い食べ物が唇に触れるたびに、荒れた部分の痛みが起きていました。

 

いつもなら白色ワセリンを塗ると肌の状態が良くなるのに、今回は唇の痛みや荒れがどうして良くならないんだろう?

と不思議に思い、白色ワセリン ソフトの容器をよく見てみたら…

 

なんと…!

使用期限が大分過ぎてしまっていました。

 

現在は2017年ですが、その白色ワセリンの使用期限は2015年となっていたのです… 笑

 

使用期限が過ぎた白色ワセリンをつけていたことが肌の状態が回復しなかった原因かどうかはわからないですが、白色ワセリンの説明書には、

使用期限が過ぎた製品は使わないでください。」と書かれています。

 

使用期限が2年も過ぎた白色ワセリンは、成分が劣化して皮膚によくないと思い、その後は使用するのをやめました。

 

プロペトをつけて唇の痛みや荒れた症状が良くなる

使用期限が過ぎた白色ワセリンを使うのをやめたあと、春に皮膚科に行ったときに処方してもらったプロペトの薬が家にあったので、次はプロペトを唇につけて様子を見ることにしました。

 

 f:id:cosme-bb:20171215195427j:plain

 

春に唇や顔が痛くなって皮膚科に行ったときには、弱いステロイドが入った薬を唇や顔に1週間ほどつけて、その上に保湿剤としてプロペトをリップクリーム代わりに唇につけるように先生に言われました。

 

プロペトは、白色ワセリンを精製して不純物を少なくしたものです。

 

プロペトもかたくなく、皮膚に塗りやすいです。

 

唇に痛みがでていたときには、プロペトを、寝る前や肌が乾燥しているときなど、1日に何度か唇につけました。

 

プロペトをつけてから何日か経つと、唇の痛みが気にならなくなってきました。

 

黄色いかさぶたのようなものもなくなりました。

 

プロペトが唇の皮膚を保護してくれたようです。

 

唇の痛みや荒れが治まらなかったら、また皮膚科を受診しないといけないな…と思っていたのですが、プロペトで症状が良くなって良かったです。

 

プロペトは、ネット通販でも購入できるようです。

 

 

口の皮膚にやさしい成分の歯磨き粉を使う

唇が痛かったときには、歯磨きをするときに歯磨き粉がヒリヒリして唇や口に刺激になったため、口にやさしい歯磨き粉を買ってきて使いました。

 

肌(口)にやさしい成分で作られている歯磨き粉を探してみると、塩入りのものが多かったのですが、私は塩入りの歯磨き粉が苦手なため、塩が入っていない歯磨き粉を選びました。

 

塩は天然の成分で食べられるものですし、安全性が高く、肌に刺激が少ないのかもしれません。

 

でも、塩入り歯磨き粉で歯を磨いていると、塩分の味が気持ち悪くなってしまいます…

敏感肌だけでなく、他もいろいろ敏感で…


塩分入り歯磨き粉が苦手な私が購入した歯磨き粉は、

シャボン玉 せっけんハミガキ」という歯磨き粉です。

 

シャボン玉 せっけんハミガキは、発泡剤に合成界面活性剤が使用されていない、お口にやさしい歯磨き粉です。

 

  f:id:cosme-bb:20171215195426j:plain

 

★ラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤を使用していません。


★パラベンなどの防腐剤も不使用

 

★発泡剤に石けん成分のみの純植物性無添加石けんを使用

 

シャボン玉 せっけんハミガキの成分
炭酸Ca(清掃剤)、水、ソルビトール(湿潤剤)、石けん素地(発泡剤)、ベントナイト、セルロースガム(粘結剤)、香料(ペパーミント)


お口にやさしい成分で作られているというシャボン玉 せっけんハミガキを使用してみたのですが、

 

唇に痛みがあったときには せっけんハミガキでも刺激になり、歯磨きしている時に唇や口の中がヒリヒリして痛かったので、使うのをやめました。

 

成分的にはやさしい成分で作られているのかもしれませんが、口が痛かったです。

 

もしかしたら、唇や口の中が少し荒れていたから、やさしい成分の歯磨き粉でも刺激になり、ピリピリと痛かったのかもしれません。

 

塩分の多い食べ物を食べるときも痛みがありましたから。

 

そのときは、それまで使っていた歯磨き粉のほうが歯磨きをするときに痛みが少なかったです。

 

歯周病予防のための成分が入った高価な歯磨き粉などは、特に刺激が強くて口や唇がヒリヒリしたので、シンプルな普通の歯磨き粉のほうがよかったです。

 

※唇や口の中の痛みが治ったあとにシャボン玉 せっけんハミガキで歯を磨いてみると、ヒリヒリとした刺激は感じませんでした。

 

 

 

唇の痛み・唇の荒れが治った

1ヶ月前に唇が痛くなり、上唇に黄色いかさぶたのようなものもできていましたが、プロペトをつけて様子を見ていたら 治りました。

 

1ヶ月前に唇が痛くなったあと、日常生活のなかで変えたことがあります。

 

それは、歯磨きをするときに、ハブラシにつける歯磨き粉の量を少なくしたことです。

 

歯磨き粉は少量でよいと歯医者さんから聞いたことがあります。

 

なかには、歯磨き粉をつけずに歯を磨いている方もいますね。

 

歯磨き粉を多く使うと、口の中や唇に歯磨き粉の成分が多く触れて刺激になることがあると思うので、敏感肌の私は気をつけるようにします。

 

白色ワセリンは、肌荒れしているときや 皮膚の傷が治りかけている部分につけると良くなることが多いので、消費期限が過ぎた白色ワセリンは捨てて、新しいものを買って家に置いておきたいと思います。

 

 

 

 

 ~関連記事~

 

★顔が痛い 肌がヒリヒリする原因 

www.cosme-bb.com

 

★肌トラブル 

www.cosme-bb.com