敏感肌さんの化粧品と美容blog

敏感肌にやさしい化粧品と美容のブログ

スポンサーリンク

ダイソーの洗顔料泡立て器「ほいっぷるん」は簡単に泡だてられて便利!

100円ショップ ダイソーの美容グッズ売り場を見ていたら、良さそうなものを見つけました。

洗顔の時に洗顔料で泡が簡単につくれて、濃密もっちり泡がたっぷりできるという商品です。

泡立て器の名前は、ほいっぷるん

 f:id:cosme-bb:20170911161247j:plain


「泡立てネットより きめ細かい泡が簡単につくれる」
と書かれています。

洗顔をする時、洗顔料の泡立ては泡立てネットを使って泡だてていますが、
泡だてネットで泡立てると泡が手から下に落ちてしまったりして、たくさんの泡をつくるのは大変です。

もっと簡単に泡が作れる方法がないかなといつも思っていました。

ダイソーの洗顔料泡立て器は、簡単に泡だてられそうな感じがしたので、購入して使ってみました。

 f:id:cosme-bb:20170911160827j:plain

ダイソーほいっぷるん使用 洗顔フォームを泡立てる

ダイソーほいっぷるんの使用方法の説明を見ながら、まずは洗顔フォームを使って泡立ててみました。

1.スティックの穴があいている面に洗顔料(洗顔フォーム)をつけます。

洗顔フォームを2〜3センチほどつけました。

 f:id:cosme-bb:20170911161341j:plain


2.容器に少量の水を注ぎ入れます。

「内側の線を目安にし、加減してください」と書かれています。
水の量によって泡の硬さが変わります。

最初に使用する時は、どのくらい水を入れたらいいかわからなかったため、線のところまで水を入れました。

3.フタとスティックを容器にセットして、フタを抑えながらスティックを上下に動かし、泡だてます。

上下に100回くらい動かすと、泡がたくさん出来てきて、泡が容器からあふれそうになりました。

それで、フタを開けて見てみると、少しゆるめの泡ができていました。
きめ細かい泡です。

 f:id:cosme-bb:20170911161122j:plain

水の量をもう少し少なくすれば、洗顔するのに良いもっちりな泡ができたと思います。

 f:id:cosme-bb:20170911161552j:plain

 

固形石鹸を泡だててみる

次は、ほいっぷるんで固形石鹸を泡立ててみました。

固形石鹸の場合は、穴があいている面にこすりつけるようにして使用します。

洗顔石鹸はDHC薬用Qソープの黄色の石鹸を使用したため、生姜をすりおろした時のようになりました。

 f:id:cosme-bb:20170911161442j:plain

水の量は、容器の下の線よりも少な目に入れて、スティックを上下に動かしました。

100回ほど動かすと、スティックを動かすときに少し重くなってきて、最初に泡立てたときよりも硬い泡ができました。

容器を逆さまにしてみても泡が落ちてきませんでした。
きめが細かく、洗顔に理想的な感じの泡です。

 f:id:cosme-bb:20170911161012j:plain

ほいっぷるん 便利でいいです〜

泡立てネットで泡立てるよりも、簡単に泡立てられると思いました。

これまでは、洗顔のときに泡立てるのが面倒だったり 早く済ませたいと思ったりして、洗顔料を手にとって水と混ぜ、ほとんど泡立っていない状態で顔を洗ったり、泡で出てくる洗顔料を使用することもありました。

ダイソーの泡立て器 ほいっぷるんを使えば簡単に泡立てられるので、自分が使いたい洗顔料で きめ細かく弾力のある泡を簡単にたっぷりと作ることができます。

そうしてふわふわの泡で顔をやさしく洗えば、美肌のために役立ちますね。

ダイソーのほいっぷるん 買って良かったと思います。 

関連記事  

www.cosme-bb.com

www.cosme-bb.com