敏感肌さんの化粧品と美容blog

敏感肌にやさしい化粧品と美容のブログ

スポンサーリンク

DHC 薬用Qローション エイジング・美白ケアができる化粧水。成分と口コミ

DHCのコラーゲンドリンクをネット通販で購入した時に、DHC 薬用Qシリーズの化粧品サンプルのプレゼントがついていました。

DHC 薬用Qローション(化粧水)、薬用Qフェースミルク(乳液)、薬用フェースクリーム、薬用Qソープ(洗顔ソープ)のサンプルです。 

f:id:cosme-bb:20170810115158j:plain

それで、そのなかの化粧水と乳液(薬用Qローション薬用Qフェースミルク)を使ってみました。

DHC 薬用Qローション エイジングケアができる化粧水

DHC には化粧水が何種類かあって、これまでDHCの化粧水をあまり使用していなかった私は、それぞれの化粧水がどんな効能や特徴があるのかよく知りませんでした。

DHC の美容液は昨年使っていました。
それから、薬用ではないほうのQ10ローションも使ったことがあります。

Q10ローションはコンビニなどでも販売されている化粧水ですが、肌にやさしい成分で作られている化粧水のようです。

DHC薬用Qシリーズは紫色の容器に入った化粧品で、DHCの冊子などで前からよく見ていて、化粧水の名前からQ10が入った化粧水ということはわかりましたけど、これまでは使ってみようと思ったことがありませんでした。

それは、私は敏感肌なので、肌に刺激が少なさそうな界面活性剤が入っていない他のブランドの化粧水をよく使っていたからです。

今回 プレゼントでDHC薬用Qローションなどのサンプルをもらったので、どんな化粧品なのか、薬用Qシリーズと薬用Qローション(化粧水)の特徴や効能などを調べてみました。

DHC薬用Qローションは、エイジングケア、保湿、美白ができて、肌にハリを与えるという化粧水ということです。

肌にハリ、美白、保湿、エイジングケア

私が肌に求めていることを全部ケアしてくれる化粧水で、良さそうと思いました。

薬用Qローションの特徴は、美容成分のコエンザイムQ10が多く配合されているということですね。

コエンザイムQ10は、肌にハリやうるおいを与えて美肌を保つ成分

コエンザイムQ10は、20歳をピークに減少していくそうです。
20歳の頃まではお肌ピチピチですものね。

DHC薬用Qローションは、コエンザイムQ10の他にヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分を配合した薬用化粧水です。

 

DHC薬用Qローション 使用感想・レビュー

DHC 薬用Qローションのサンプルは2袋あり、試してみました。

サンプルの袋から薬用Qローションの化粧水を手にとってみると、黄色い色をしていたので、なんだろう?と少し思いました。
黄色い色の化粧水というのは、これまで使用した化粧水ではあまりなかったです。

その黄色い色は、薬用Qシリーズに配合されているQ10の色だそうです。

 f:id:cosme-bb:20170810115627j:plain

薬用Qローションをまず腕につけてみました。(敏感肌なので 最初は顔につけずに腕で試しました。)

少しだけとろみのある化粧液で、肌につけるとしっとりと潤って、モチモチとして良い感じです。
保湿されている感じ

使用感いいです。

 

DHC薬用Qフェースミルク(乳液)の使用感想

DHC薬用Qフェースミルクも腕につけてみました。

薬用Qフェースミルクも黄色い色をしていますが、肌につけた時に肌が黄色くなることはないです。 

f:id:cosme-bb:20170810115410j:plain

肌がしっとり もちもちとして、使い心地がいいです。

保湿液が肌に浸透している感じがします。
乳液なので薬用Qローションの化粧水よりももっとしっとりします。

ベタつくことはなく、肌がちょうどよい具合に保湿されてうるおっているような感じです。

薬用Qフェースミルクも良い感じだと思いました。

 

DHC薬用Qローション 成分

DHC薬用Qローションは医薬部外品で、無香料・無着色・パラベンフリーで、天然成分配合

指定成分は、酢酸DL-α-トコフェロール

薬用成分:水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム

コエンザイムQ10:ハリやうるおいを与え、美肌を保つ成分

薬用成分の水溶性プラセンタエキスが透明感を導き、甘草誘導体やアラントインが肌荒れを防ぎます。

水溶性プラセンタエキス

水溶性プラセンタエキスは、抗炎症作用や、メラトニン生成を抑制して透明感を与える作用があります。

そのほか、細胞を活性化し、ターンオーバーを整えるはたらきもあります。

甘草誘導体

甘草誘導体(グリチルリチン酸ジカリウム・グリチルリチン酸ステアリル )は、抗炎症作用があり、荒れた肌を整えるはたらきがあります。

ニキビ、肌あれ向けの化粧品に使われるほか、フケや頭皮の炎症を抑制する目的でシャンプーなどにも配合されています。

アラントイン

肌を保護し、あれを防止するほか、火傷の痕などの皮膚の細胞を修復するはたらきや、皮膚の傷を治す治癒作用、抗刺激作用があるとされます。


化粧品に配合されている成分は、人によって合う場合と合わない場合があり、それは肌で試してみることで合うか合わないかがわかりますね。

初めて使用する化粧品は、サンプルやお試しセットなどで試してから購入を考えるのが安心です。

敏感肌の私はDHC薬用Qローションのサンプルを最初に腕につけてみましたが、肌に刺激はなく、顔に使えそうで使用感が良かったので、肌の保湿と美白、ハリ・エイジングケアができるというDHC薬用Qローションと薬用Qフェースミルクを購入して使ってみたくなりました。 

  

 

体のなかからの美容を考えたDHCのコラーゲンドリンクについて、こちらの記事で詳しく書いていますので、よろしければご覧ください。

www.cosme-bb.com

www.cosme-bb.com