敏感肌さんの化粧品とアンチエイジング美容

敏感肌にやさしい化粧品と美容のブログ

スポンサーリンク

オルビス エクセレントホワイトクリーム(エイジング・美白)成分と口コミ

敏感肌の人は化粧水を使う時に肌に合うか合わないか心配しながら使うと思いますが、美白化粧品を使用する時は化粧水よりもさらに肌への影響が気になります。

 

化粧品に入っている美白成分は肌に刺激となることがあるからです。

 

私は敏感肌で肌があまり強くないため、美白化粧品の使用で肌の調子が悪くなってしまったことがありました。
その時は高価な美白美容液でした。

 

今年の春頃に顔の肌が痛くなり、その原因はPM2.5か黄砂の影響だったかもしれないですが、その頃 美白対策に力を入れていて色々な美白化粧品のサンプルを試して使用していたので、美白化粧品の刺激で肌が痛くなったということも考えられます。

 

それで、敏感肌の私が美白化粧品を使う時は注意して使用するほうがいいと改めて思いました。

 

顔が痛くなった時のことはこちらの記事で書いています。 

www.cosme-bb.com

 

お肌が弱い敏感肌なのですが、シミができるのを防ぐためや気になるシミを薄くするために美白化粧品は使いたいと思います。

自分の肌に合った美白化粧品があれば嬉しいです。

 

いま使っている美白化粧品は、オルビスの薬用美白クリームで、エクセレント・ホワイトクリームという化粧品です。

 

オルビス エクセレント・ホワイトクリームの説明

 f:id:cosme-bb:20170729125020j:plain

 

オルビスのエクセレント・ホワイトクリームは前に一度使用したことがあります。

 

その時は油分が少し入っているからか肌がベタつく感じがあまり好きではなくて、半分くらい使用したあと使わなくなってしまいました。

 

でも、今年の春に化粧品店で肌診断をした時に顔の肌がとても乾燥していることがわかり、お肌の乾燥で肌の調子が悪くなっていたのかもしれないと思い、それから保湿を十分にすることを考えました。

 

皮膚科で処方されたヒルロイドソフト軟膏0.3%+プロペトは保湿力が高く、顔につけるとベタベタする感じなのですが、でも それをしばらくつけていたら肌の調子がすごく良くなりました。

 

それで、ベタつく使用感が好きでないとしても、お肌のことを考えたら保湿が充分にできる化粧品のほうが美肌になれるとわかり、油分が少し入っている化粧品も嫌がらずに使おうと思いました。

 

オルビスの化粧品は油分が入っていない化粧品が多いですが、いくつか入っているものがありますね。

 

皮膚科の先生の本を読んだ時には、油分よりもセラミドのほうが保湿力が高いと書かれていましたから、セラミドの成分にも注目しています。

 

エクセレントホワイトクリームはオルビスのスペシャルケアの化粧品で、年齢肌のからみあうトラブルを美白×ハリ×高保湿で徹底ケアするというエイジング美白クリームとなっています。

 

美白対策とハリ対策と高保湿がこのクリームでひとつでできるというのは嬉しいです。


エクセレント・ホワイトクリーム(医薬部外品)
30g入り  価格 4,000円(税込4,320円)

 

《説明書の内容》
白さ・ハリ・うるおいをトータルにケアする薬用美白クリームです。
アルブチンとセラミドコンプレックス(細胞間脂質類似成分)を配合。

 

メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぐとともに、乾燥などの外的刺激から肌を保護してうるおいを保ち、ハリ感と透明感のある肌に導きます。

 

 

エクセレント・ホワイトクリームの肌へのやさしさ

⚫︎無香料、無着色

⚫︎合成界面活性剤不使用

 

界面活性剤の働きは大きく分けて洗浄と乳化(水と油をなじませる)があります。
エクセレントホワイトクリームは、合成界面活性剤の代わりに植物性レシチンを乳化剤として使用した天然乳化法を採用しています。

 

⚫︎酸化しやすい油分不使用

肌のダメージの原因となり得る酸化しやすい油分は配合していません。

 

⚫︎弱酸性

肌に近い弱酸性です。

 ※アレルギーテスト済(すべての人にアレルギーがおきないというわけではありません。)

 

 

エクセレントホワイトクリームの成分

オルビスのエクセレントホワイトクリームに配合されている成分

肌のうるおいと透明感のために配合された成分

⚫︎アルブチン

西洋ナシやコケモモの葉などにも含まれる美白有効成分

 

⚫︎セラミドコンプレックス
肌のうるおいを守り。乾燥を防ぐ

肌の細胞間脂質類似成分で、セラミド、植物性コレステロール類似成分、植物性脂肪酸の複合成分

 

⚫︎イザヨイバラエキス
肌にうるおいを与える

イザヨイバラから抽出した成分

 

⚫︎デイリリー花発酵液
うるおいを与え、くすみ(乾燥や角質肥厚、キメの乱れによるくすみ)をケアする

ユリ科のデイリリーを発酵させて得られる液

 

⚫︎セイヨウナツユキソウ花エキス
うるおいを与え、くすみをケアする

バラ科のセイヨウナツユキソウの花から抽出した成分

 

⚫︎ローヤルゼリー発酵液
肌にうるおいとハリ感を与える

蜜蜂(みつばち)の分泌するローヤルゼリーを発酵させて得られる液

 

配合全成分

《美白》 アルブチン

 

《保湿》 セラミド2、ステアロイルフィトスフィンゴシン(セラミド3)、フィトステロール、ステアリン酸、デイ・リリー花発酵液、シモツケエキス(セイヨウナツユキソウ花エキス)、イザヨイバラエキス、ローヤルゼリー発酵液、グリセリン、BG、ジグリセリン、PEG(30)

 

《天然乳化》水添大豆りん脂質(植物性レシチン)

 

《粘度調整》ベヘニルアルコール、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム

 

《品質安定》水酸化K

 

《品質保持》ビタミンE、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

《基剤》水、α-オレフィンオリゴマー、ワセリン、トリオクタン酸グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、ジメチコン、パルミチン酸セチル

 

 

ポンプ式の容器に入っている理由

オルビスのエクセレントホワイトクリームはポンプ式の容器に入っています。

 

ポンプ式の容器だと最後までなかなか使いきれなくて底の方のクリームが残っていたらもったいないと思っていたのですが、ポンプ式の容器で中が見えないようになっているのには理由があるようです。

 

エクセレントホワイトクリームはデリケートな処方のため、中身が触れにくい「繰り上げ式ポンプ」(ポンプを押すと容器内部の底部が繰り上がり、中身を定量ずつ最後まで押し出す設計)を採用しているということです。

 

 

エクセレントホワイトクリームの使用

オルビスのエクセレント・ホワイトクリームは、洗顔→化粧水→エクセレント・ホワイトクリームの順に使用します。

 

エクセレントホワイトクリームを使用の場合は保湿液を使用する必要がないということです。

 

使用方法

化粧水で肌を整えたあと、適量(小豆1〜2粒程度)を顔全体になじませます。

額や鼻筋はひかえめに、目もと・口もとなどのかさつきやすい部位は多めにと、肌の状態に応じて量を調節する


私は説明書をよく読まずに使っていて、最初の何日かは小豆1〜2粒どころか空豆くらいの量を出して使っていました…

 

そのせいか、顔にプツッと小さな吹き出物が数個できていたので、化粧品の油分かなにかが多すぎてしまったのかもしれないと思い、そのあとクリームをつける量を減らしました。

 

エクセレントホワイトクリームはポンプ式の容器に入っていますが、1プッシュ下までしっかり押して出てくる量が小豆1~2個分くらいだと思います。

 

 

エクセレントホワイトクリームの使用感想

 f:id:cosme-bb:20170729125151j:plain

 

エクセレントホワイトクリームはねっとりとしたクリームではなくサラッとした軽い感じのクリームで顔につけるとよくのびます。

 

油分が入っていますが、説明書に書かれている使用量で使用すれば、顔がベタついて気になるというほどではありません。

 

つけていて肌がピリッとするということもなく、肌への刺激は少ないように思います。
(人によって肌に合う合わないがあると思います。)

 

エクセレントホワイトクリームは2週間ほど前から使用していますが、肌の様子を見つつ美白成分の効果を期待しながらスキンケアの保湿液としてしばらく使用したいと思います。 

 

★無添加エイジングケア化粧品 ドクターズコスメ「ミューノアージュ」 

www.cosme-bb.com