敏感肌さんの化粧品とアンチエイジング美容

敏感肌にやさしい化粧品と美容、アンチエイジングのブログ

スポンサーリンク

オルビスユー ホワイトローション(美白&エイジングケア化粧水)の口コミと成分

オルビスの薬用美白クリーム エクセレントホワイトクリームを購入したのですが、そのときに、好きな化粧品のサンプルを無料でひとつもらえるということで、

オルビスユー ホワイトローション(化粧水)のサンプルを選んで注文しました。

 

オルビスのスキンケア商品は現在6シリーズあって、化粧水も6種類あり、そのなかでニキビケア用の化粧水以外は全部使用したことがあります。


ホワイトローションも、サンプルではない本品を購入して使ったことがあります。

 

《オルビスユー モイストアップローションとオルビスユー アンコールローション》 

オルビスユー モイストアップローションとアンコールローション

 

無料サンプルでオルビスユーの化粧水 ホワイトローションのサンプルをもらうことにした理由は、いまお肌の美白ケアをしたいと思っているので、それで再び使って試して購入を考えることにしました。

 

 

オルビスの美白化粧水2種類

オルビスの化粧水で美白の有効成分がはいっているのは、

  • オルビスユー ホワイトローション(エイジングケア美白)
  • ホワイトニングローション(日焼けによるシミ・そばかす)

の2種類。

 

ホワイトニングローションのほうは春頃までよく使っていて、いまも時々使います。


ホワイトニングローションは、速攻性ビタミンC誘導体(薬用美白成分)の成分が入っている化粧水です。

 

オルビスユー ホワイトシリーズの化粧水 ホワイトローションは、薬用美白成分のアルブチンが配合されています。

 

ホワイトローションは、アルブチンの他に、若々しい肌へと導く成分のW.H.アミノシールドという成分やベニバナエキスの成分も入っています。

 

オルビスユーホワイトは、美白とエイジングケアの両方ができるシリーズとなっています。

 

 

オルビスユー ホワイトローションの特長

オルビス化粧品の冊子に、それぞれのスキンケアシリーズの特長をグラフで表している図があります。

 

肌悩み、とろみ、うるおい感、浸透感という4つの項目がありますが、オルビスユー ホワイトシリーズは浸透感がとても高くなっています。

 

オルビスユー ホワイトシリーズの特長グラフ

 

ホワイトローションはとろみが少なく、前に化粧水を使用したときには、とろみが少ないことで効果が少ないのではないかと感じました。

 

とろみが多いと高保湿な感じがしますが、でもグラフを見てみると、とろみが少ない化粧水は肌に浸透しやすいということがあるかもしれないと思いました。

 

 

オルビスユー ホワイトローションの使用感想・口コミ

オルビスユーのホワイトローションは前に一度購入して使ってみたことがあるのですが、その時使ってみたら、わたしの場合、ホワイトニングローションのほうが使用感が好きで お肌の調子も良いと思ったため、それからはオルビスユーのホワイトローションは購入していませんでした。

 

肌がかぶれたり肌に合わないということはなかったです。

 

前に効果を感じられなかったのに今回 またホワイトローションのサンプルをもらうことにしたのは、3ヶ月ほど前に肌トラブルが起こって、肌にやさしい化粧水を探している時に、グリチルリチン酸という成分のことが気になって、それからグリチルリチン酸が入っていない化粧品を選ぶようにしていたことからです。

 

顔の肌が痛くなった時のことはこちらの記事で詳しく書いています。 

www.cosme-bb.com

 

今年の春ごろまではグリチルリチン酸のことは気にしたことがなく、グリチルリチン酸の入っている化粧品をよく使っていました。

 

ネット情報でグリチルリチン酸は肌によくないということを見たので、それから心配になりました。

 

オルビスユー ホワイトローションの化粧水はグリチルリチン酸が入っていなくて、

界面活性剤不使用、アルコールフリー、弱酸性、無油分、無香料、無着色

となっています。

 

※その後、グリチルリチン酸は肌への刺激が少ないことがわかり、現在はグリチルリチン酸配合の化粧品も使用しています。

 

前にホワイトローションを使ったときは、これといって肌への効果を感じなかったけれど、美白成分が入っている化粧水で肌にやさしく作られている化粧品なので、もう一度サンプルで試してみることにしました。

  

オルビスユー ホワイトローション(医薬部外品)の試供品・サンプル
1.5ml入りの袋で約1回分

 

オルビスユー ホワイトローションのサンプル

 

オルビスユー ホワイトローションのサンプルを手にとって顔につけてみた感想は、前につけた時の感じよりも化粧水にとろみがあるように思いました。

 

とろみが強すぎなくて、ほどよいとろみです。

 

すっとなめらかにのびて、心地良いつけ心地

量が1.5mlあると結構たっぷりつけられます。

 

肌につけたときに刺激は全く感じませんでした。


化粧水が目に入った時は少し痛みを感じたのですけど、1分ほどで治りました。

 

エイジングケア美白シリーズの化粧水というだけあって、肌がうるおって十分保湿されている感じがします。

 

昼はこのホワイトローションの化粧水だけでも大丈夫じゃないかと思うくらい、つけたあとは肌がしっとりとしています。


でも それでも、化粧水のあとに保湿液はつけておいたほうが良いでしょうね。

  

★美白とエイジングケアができる化粧水

オルビスユー ホワイトローション

 

 

 

★速攻性ビタミンC誘導体(薬用美白成分)配合の化粧水

オルビス ホワイトニングローション

 

 

 

オルビス公式サイトで見る

 

 

オルビスユー ホワイトローションの成分

【有効成分】

アルブチン

(厚生労働省に認可された美白有効成分。メラニンを生成する酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニンを抑える。)


【その他の成分】
⚫︎
⚫︎BG(保湿成分)
⚫︎グリセリン(保湿)
⚫︎ペンチレングリコール(保湿)
⚫︎エクトイン(保湿)
⚫︎ベニバナエキス-1(保湿、肌荒れ改善)

 

⚫︎PEG(80)(保湿)
⚫︎1.3-プロパンジオール(保湿)
⚫︎濃グリセリン(保湿)

 

⚫︎(エイコサンニ酸/テトラデカンニ酸)デカグリセリル液
  感触調整

 

⚫︎POE(24)POP(24)グリセリルエーテル
  保湿


⚫︎キサンタンガム(粘度調整)
⚫︎クエン酸

(品質安定、pH調整剤、キレート剤、肌のキメを整える収れん効果がある。)


⚫︎クエン酸Na

(品質安定、pH調整剤、キレート剤)


⚫︎フェノキシエタノール(防腐剤)
⚫︎メチルパラベン(防腐剤)

 

 

美白成分アルブチンが敏感肌に刺激になる場合

オルビスの美白成分の入っている化粧水のなかでは、どちらかというと速攻性ビタミンC誘導体配合のホワイトニングローションが敏感肌の私の肌に合っているようです。

  

今日のお肌の調子は、顔のお肌に時々かゆみが出たり、なんとなくピリッと感じる時があるので、少し心配しています…

 

それはもしかしたら いま使っているオルビスの美白クリームに入っているアルブチンの成分による刺激かなと思います。

 

化粧品に使われる美白有効成分は何種類かあって、肌への刺激が強いものや弱めのものなど色々あるようなので、美白化粧品を使用するときは、なるべく肌にやさしい化粧品を選んで使うようにしたいと思います。

 

敏感肌さんの化粧品選びは大変なことがありますね。

 

 

~関連記事~

使って良かった敏感肌用美白化粧品

 

★ノブ(NOV) 美白美容液と美白クリームのレビュー 

www.cosme-bb.com

 

★オルビス 顔用日焼け止めクリーム&下地 

www.cosme-bb.com