敏感肌さんの化粧品とアンチエイジング美容

敏感肌にやさしい化粧品と美容、アンチエイジングのブログ

スポンサーリンク

アクセーヌの化粧水 モイストバランスローションの成分。肌に刺激..合わない

敏感肌のためのスキンケア化粧品といって思い浮かぶ化粧品ブランドのひとつに、

アクセーヌがあります。

 

敏感肌の私は、何年か前にアクセーヌの化粧水や乳液を使ったことがありました。


ADコントロールという、肌に低刺激なシリーズの化粧品を使っていました。

 

その時は、ADコントロールの化粧水や乳液が自分の肌にあまりよく合っていないように思い、他の化粧品を使うようになって…

それから今までアクセーヌの化粧品はずっと長く使っていませんでした。

 

それでも、肌が特に敏感になっている状態のときには、アクセーヌの化粧水はどうかな と考えることがあります。

 

 

アクセーヌの化粧品は長いあいだ使っていなかったため、そのあいだに化粧水の成分が変更されていたり、新しい良いものが発売されているかもしれないと思い、アクセーヌ化粧品を販売している店に行ってみました。

 

アクセーヌのお店で話を聞いたところ、肌がとても敏感になっている時は、やはりADコントロールの化粧水や乳液を使うと良いかもしれないということでした。

 

そして、それほど肌が敏感になっていないというのなら、「モイストバランス」というシリーズが保湿力が高くておすすめということです。

 

アクセーヌのモイストバランスシリーズ

 

 

アクセーヌのモイストバランスローションの化粧水は綺麗なブルーの容器がとても印象的で、雑誌で何度か見て気になっていたので、

 

モイストバランスの化粧水と保湿剤のサンプルをもらって 自分の肌に合うか試してみることにしました。

 

アクセーヌ モイストバランス ローション(化粧水)は保湿・乾燥対策に良い

アクセーヌの化粧水 モイストバランスローションは、しっかりと保湿したい時、乾燥対策に良いシリーズとなっています。

 

⚫︎高浸透
業界最小レベルの、角質層の隙間(40〜60nm)よりも小さい超微細ナノカプセル(10〜30nm)を採用した潤い保持成分が、肌の角質層まで浸透

 

⚫︎ベタつかない使用感

 

⚫︎角質層に水分を抱えこむセラミド類似成分を配合
12時間うるおいが持続

 

⚫︎ハリと透明感
肌の角質細胞をふっくらと潤わせる「セルバウンス」という新技術を採用。


バリア機能を保ち、肌本来の透明感と明るさ、ハリを引き出します。

 

  • 低刺激性
  • 無香料
  • 無着色
  • アルコール(エタノール)フリー
  • ノンコメドジェニックテスト済み


※すべての方に肌トラブルが起こらない、ニキビのもと(コメド)ができないというわけではありません。

 

 

アクセーヌのモイストバランス ローションは、@cosmeクチコミランキング 化粧水部門第1位となっているようです。
(集計期間 2016年8月1日〜2016年10月31日 3ヶ月間)

 

 

 

 

モイストバランスローションの使用感想

アクセーヌ モイストバランスローション(化粧水)のサンプルを顔につけて試してみました。

 

アクセーヌ モイストバランスローション(化粧水)のサンプル

 

化粧水はとろみがないサラッとした液です。

 

サンプルの袋には化粧水がたっぷり入っていたため、一度のお手入れで全部は使いませんでした。 

 

肌に痛み・ピリピリ刺激や「かゆみ」が出る

アクセーヌ モイストバランスローション(化粧水)を顔につけた時、肌になんとなく違和感があり、わずかに刺激を感じたため、

 

もしかしたら 化粧水に配合されている何かの成分が肌に合っていないのかな?と少し思いました。
なんとなく感じたことです。

 

夜にアクセーヌ モイストバランスローションと これまで使っていたクリームで肌のお手入れをして、一晩寝た翌朝に肌の状態を見てみると、少し乾燥しているようでした。

 

それで、すぐにモイストバランスローションのサンプルの袋に残っていた化粧水を顔につけると、肌がモチモチして、うるおいました。

 

 

化粧品の説明書をよく見てみると、モイストバランスローションの使用量の目安は、500円玉2枚分となっています。
たっぷりの量ですね。

 

化粧水を2、3回に分けて手にとり、重ねづけするとよいようです。

 

重ねづけをしたら肌がしっとりとうるおって保湿されたのですが、

 

2度目に顔にモイストバランスローションをつけたあとも、頬や口のまわりの肌にピリピリとした刺激が少しでていて… 時々かゆみも出ました。

 

肌が赤くなっているということはなく、見ためは普通で変わりないです。

 

ピリピリとした痛みや肌の痒みは、アクセーヌのモイストバランスローションをつける前にはでていなくて、つけてから出ているようなので、化粧水の中に合わない成分が入っているのかなと思います…

 

アクセーヌ モイストバランスローションの成分を調べてみました。

 

 

 

アクセーヌ モイストバランスローションの成分

水、グリセリン、BG、PEG-40、ヒアルロン酸Na、ベタイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデジル)、PEG-12ジメチコン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、アクリレーツコポリマー、イソステアリン酸、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、オレイン酸PEG-6ソルビタン、ジグリセリン、ジメチコン、ステアロイルグルタミン酸Na、セタノール、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ポリソルベート60、ミリスチン酸オクチルドデシル、トコフェロール、メチルパラベン

 

*成分の説明は一般的な作用について書いています。

 

⚫︎グリセリン(保湿力が高い保湿剤)

⚫︎BG(保湿剤)

⚫︎PEG-40
(保湿効果、増粘作用、肌にハリ感を与える作用)

 

⚫︎ヒアルロン酸Na(保湿作用)

⚫︎ベタイン
(アミノ酸系保湿成分。浸透性に優れている。)

 

⚫︎ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデジル)
(セラミド類似成分)

⚫︎PEG-12ジメチコン
(シリコーン系の界面活性剤、乳化剤)

 

⚫︎PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン
(保湿効果、水にも油にも溶ける成分)

 

⚫︎アクリレーツコポリマー
(結合剤、皮膜形成剤)

⚫︎イソステアリン酸
(高級脂肪酸類)

⚫︎イソステアリン酸ポリグリセリル-2
(乳化剤、界面活性剤)

 

⚫︎オレイン酸PEG-6ソルビタン
(非イオン界面活性剤)

⚫︎ジグリセリン(保湿効果)

⚫︎ジメチコン(油性エモリエント成分)

 

⚫︎ステアロイルグルタミン酸Na
(アニオン界面活性剤)

⚫︎セタノール
(乳化を安定させる効果、乾燥を防ぐ作用)

 

⚫︎ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)
(水を抱え込む抱水性を持つエモリエント成分)

 

⚫︎ポリソルベート60

(非イオン界面活性剤)

⚫︎ミリスチン酸オクチルドデシル
(柔軟効果のある成分で、肌へのなじみがよい)

 

⚫︎トコフェロール(酸化防止剤)

⚫︎メチルパラベン(防腐剤)

 

今は この中のどの成分が自分の肌に合っていないのかよくわからないですが、化粧水にしては界面活性剤がいろいろ入っているな~という印象で、そのあたりの成分が刺激になっているのかなと なんとなく思います。

 

 

アクセーヌ モイストバランスローションをつけたあと顔が少しヒリヒリしていた感じでしたが、

 

そのあと顔を水で洗って別の化粧水をつけたら、肌のピリピリ感がやわらいだようでした。

 

気のせいなのかどうかわかりませんが、しばらく肌に負担をかけないようにして落ち着かせることにします。

 

 

 

アクセーヌADコントロールローション(化粧水)は敏感肌に良さそう

アクセーヌ ADコントロールローションの化粧水のほうは、界面活性剤フリーパラベン(防腐剤)フリーとなっています。

 

お肌が敏感になっている時には、モイストバランスローションよりもADコントロールローションのほうが肌への刺激が少ないかもしれません。

 

 

 

ということで… @cosmeクチコミランキング 化粧水部門第1位になったというアクセーヌのモイストバランスローションは、敏感肌の私の肌には刺激があり、あまり合わないようでした。

 

 

化粧水ではないですが、アクセーヌの化粧品を店で見ていたときに、

ADコントロールエッセンスという美容液が気になって手の甲につけてみると、肌がとてもしっとりとして きれいになり良い感じだと思いました。

 

 

ADコントロールエッセンスの美容液を手につけた時はヒリヒリ感や刺激を感じなかったのですが、顔につけるのとはまた違うかもしれませんね。

 

またいつか 肌の状態が落ち着いているときに、ADコントロールエッセンスの美容液を顔につけて試してみたいと思います。

 

 

敏感肌のわたしがよく使っている化粧水

★オルビスユーの化粧水

 

オルビスユーの化粧水のことは こちらで書いています。↓ 

www.cosme-bb.com

 

 ★ファンケル 無添加スキンケア化粧品 ハリ肌お試しセット

www.cosme-bb.com