繊細さんの口コミブログ

敏感で繊細でデリケートな私の口コミ・レビューブログ

スポンサーリンク

腕の骨折で毎日リハビリ。腕が曲がらない

腕を骨折してしまい、手術して、その後リハビリを続けています。

 

退院してしばらくはお家でリハビリをしていたのですが、やり方がよくわからなくて腕の曲がりがあまりよくならなかったため、しばらく経ってから病院に通ってリハビリをしています。


腕を伸ばすことと曲げることでは、いま現在は曲げるほうが大変です。

 

日常生活では曲げる動作をよくするので、腕がよく曲がらないととても不便…

 

でも、退院した頃よりはいろいろできるようになっています。

 

 

腕を骨折してから自分ひとりでは洗髪できなかったのですが、このあいだ、骨折してからはじめて1人で髪を洗うことができました☆

 

骨折の手術後1ヶ月半後にやっと1人で洗髪できるようになりましたよ。


それまでももしかしたらできたかもしれませんが、チャレンジするのが怖くてしていませんでした。

 


お風呂で髪を洗うときはこれまで、下を向いて洗っていました。

 

ですが、下を向いて髪を洗うと、めまいまではいかなくても頭がフラつく感じになることがあるため、骨折後1ヶ月半で きき腕がまだよく使えないわたしは、下を向いて片手で髪を洗うのには不安がありました。

 

下を向いて片手で髪を洗っていて お風呂でめまいがして倒れても困るし…

 

でも、上を向いて洗ったこともほとんどないから どうしたらいいかな〜… しかも、主に片手だけで洗わないといけないし、ちゃんと洗えるかな〜?


下を向いて髪を洗うか 上を向いて洗うか どっちがいいか大分考えて、結局、上を向いて洗ってみることにしました。

 

やっぱり、下を向くのはめまいやフラつきが心配で…


骨折して手術後、安静にすることが多かったので、特にフラつきには注意しなければと思いました。


上を向いて、利き腕じゃないほうの片手で主に髪を洗うことにチャレンジ☆


骨折した利き腕の右手は、シャワーを持つことはできます。でも 今はまだ あまりあっちこっち色んな角度には動かせないという状態。

 

それなので、頭にお湯をかけにくい場所があるときは、シャワーヘッドを浴室の壁に固定して、シャワーのお湯が出ている下に立ち、頭を動かしながら洗うようにしました。

 

地肌を洗うのは左手で洗います。
右手はシャワーを持って動かすだけ。

 

シャワーのお湯が顔にかかるのは嫌なので、そうならないように頭を右左上と動かしながら洗い流しました。

 

そうしてちゃんと髪がきれいに洗えましたよ。
やっぱり、1人で自由に洗えると嬉しいです。

 

いまはコロナが心配で美容院にもなかなか行けないですしね…


シャンプー後にお風呂でトリートメントまでするのは大変なので、現在はシャンプーだけしたあと、髪を乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけるようにしています。


そのうち、何回も洗髪して上を向いて洗うのに慣れたら、右腕がもっとよく動かせるようになったあとも、下向きではなく上向きで洗うのがいいかもしれないな〜と思います。

 

下を向いて背中を丸めて髪を洗うのは無防備な姿勢でもありますしね。。

 

髪が長いこともあり、下を向いて長い時間(10分ほどですが)髪を洗っていると、髪が水分を含んで重くなり、腰が痛くなってしまうこともあります。

 

めまい予防のためにも、これからは上向きで洗うようにしようかなと思っています。

 


いまはまだ骨折前のように腕を自由に動かせなくてできないことがあるのですが、右手を骨折したことで色んな経験ができたと思って、これからもリハビリを続けながらがんばっていきたいと思います☆

 


今は、骨折した利き腕の右腕が90度ほどしか曲がらない状態

これでも前よりも少し曲がるようになりました。

 

腕が曲がらないので、顔は両手で洗えない
洗髪するのも不便 

 

食事するときは いまはなんとか少し長めのスプーンで食べられるようになりました。

 

手術の傷は、何かに触れたときなど まだちょっと痛むときがあって、寝るときもなかなか眠れないことがよくあります。

 

骨折した腕をしばらく固定していて使っていなかったことで筋力が落ちて、まだあまり力が入りません。


でもこれも、退院した頃よりはしっかりして、少し重いものが持てるようになってきました。

 


病院でのリハビリは週2回から週1回ほど。


腕の筋肉などの凝りをほぐすマッサージを主にしたあとに 、ゆっくり動かす練習をしています。

 

二の腕や骨折した付近を力強く押されますが、そんなに飛び上がるほど痛くはないです。
あまり痛くないようにしてくださいます。


お家では、曲げる動作を中心に1日のうちで何回かリハビリをするようにしています。

 

テレビを観ながら 痛すぎない程度に腕を曲げて しばらくそのままの状態でいたり
横になって重力を利用して腕を曲げたり。
ゆっくりと腕を曲げる動作を何回も続けたり。

 

他には、手首をぐるぐる回したり、腕全体を肘を使って回すようにしたり
肩を回したり


一度ですぐには良くならないですが、少しずつ少しずつ。ほんとに少しずつです。

 

1日に1mmでも曲げられるようになれば、30日で3cm曲がるようになりますからね。
根気よく毎日続けるしかないと思います。

 

無理しすぎるのはよくないようなので、無理しないよう、負荷をかけすぎないようにしてリハビリしていくことにします。

 

筋力もこれからもっとついてくるようになると思います。

 


朝起きると骨折したほうの腕全体が固まったようになっていて痛むのが辛いですが…
肩も痛い…
腕の血行がなるべくよくなるように、マッサージしたり温めたり、動かしたりして、痛みが減っていけばいいなと思います☆

 

 

〜腕の骨折手術から2ヶ月半〜

 

腕の骨折手術から2ヶ月半経ちました。

 

今日はスマホでブログを書いてみたのですが、右の手を使って長い時間スマホを打つのは疲れます…

 

骨折した腕は少しずつ良くなっているようですが、手首を下に向けてスマホを打つのはまだ骨折前のようにはスムーズにできません。

 

右手の人差し指で文字を打つよりも右手の親指だけで文字を入力するほうが疲れなくていいので、いまも親指だけでブログを書いていますよ。

 

 

毎日リハビリを頑張っていて、曲げる方は110度くらいまで曲げられるようになりました。

 

でも、その110度というのは、リハビリをしたあとにそのくらいまで曲がるのであって、リハビリ後にしばらく時間が経つと、また曲げにくくなっています。。

 

腕を伸ばすほうのリハビリはあまりたくさんしていないので、自然にはなかなか伸びず、やっぱりリハビリを毎日頑張らないとな〜と思います。

 

リハビリを頑張った分だけ効果がでているようです。

 

日常生活では、右手でできないことがまだ色々あります。

洗顔や洗髪、歯を磨くことなど。

 

洗髪は頭の中上のほうだったら洗えそうなので、近いうちにチャレンジしてみたいと思います。

 

右腕の二の腕の筋肉は左腕と比べてまだ弱く、腕を上にあげるのにちょっと力がいります。

 

 

リハビリで腕を曲げるときに結構がんばって曲げるので、腕の内側が張ったり 少し痛くなったりします。

肩にも力が入って、痛いです。。

 

その痛みで眠れないこともあるので、あまり無理をしすぎず、よく寝て早く治したいです。

 

腕がスムーズに曲げられないことや、肩・腕の痛みなどにより、日常のいろいろなことをする時に億劫になりやすいです。

 

腕に力がいる掃除はまだあまりしないようにしています。

 

骨折してから大分運動不足にもなっていて、体全体の体力が落ちてしまったと思うので、少しずつ運動するようにしたいです。

 

何日か前から、スマホのdヘルスケアという歩数計アプリを使っています。

歩くとポイントがたまってお得にお買い物などできるようなので、ポイントが少しずつたまるのを励みに歩いています☆

家の中で歩くことが多いですよ。

 

血流がよくなると、腕の動きもよくなりそうですしね。

 

よく動いて よく休息して、腕が早く良くなりますように〜

 

 

★寝るときグッズを購入

寝るときに手術した肘のところが痛んだり 肘をまっすぐのばして寝られなくて、夜になかなか眠れないことがあるので、100円ショップのダイソーでふわふわクッションを買ってきて肘にあてて使っています。

 

クッションというか…ぬいぐるみなのですが、抱き枕などと同じ売り場にあって、小さな抱き枕みたいな感じです。

100円ショップなのですが300円で売ってました。

 

f:id:cosme-bb:20201021093757j:image

 

 

肘にあてるのには小さめのふわふわクッションのほうが使いやすいなと思い、ぬいぐるみの細い部分や太い部分があるので、いろいろな使い方ができていいです。

 

このふわふわクッションを肘にあてていると楽になるので、もっと早く買えばよかったな〜と思いました。

 

 

★入浴用に幅広の吸水ターバンを購入

 

お風呂に入る時に長い髪をまとめるのですが、今は右手が不自由で髪を結んだり上にまとめてあげられないため、幅広のターバンを購入して使っています。

 

f:id:cosme-bb:20201021094608j:image

 

 

ロングヘアなのですが、この幅広ターバンを使うとゴムで結ばなくてもこのターバンだけで髪を上にまとめられて便利。

 

片手でターバンを頭からかぶる時には、ターバンの端を口(歯)で加えて 骨折していないほうの左手で頭からかぶせて首までおろし、顔まわりまで上げて使っています。

 

 

その後の腕のリハビリと可動域…

腕のリハビリを頑張っていて、無理をしてしまい、そのせいか指や手のひらに痺れが出てしまいました…

 

痺れが出てから2週間 

今はあまり腕を無理に曲げないようにしていて、痺れの症状はひどくはなっていないです。

 

これまでは肘がもっともっと曲がるようにと頑張ってリハビリしていましたが、可動域がなかなか広がらないことで毎日不安・心配・ストレスで コロナなどもあって鬱のようにもなり 骨折してからずっとそんな感じが続いていたため、いま痺れが出てしまったことをきっかけに、いったん可動域を広げるというプレッシャーみたいなことから離れて、腕を含めて体全体や心を元気にすることを考えてみることにしました。

 

最大可動域を広げるのはちょっと横に置いておいて、現在の肘の最大可動域が日常生活の中ですぐに使えるようにできることを目標にする。

 

食事をするときは、骨折した右腕を何回か動かしてからじゃないと口の方まで手が届きにくいので、そういう動作がすぐにできるようになれば今の可動域の範囲内でも大分生活しやすくなるから、現在の最大可動域が瞬時に使えるようにすることがひとつの目標。

 

 

あとは、いま反対側の左手を骨折するとたいへんなので、転ばないように気をつける。

体や脚を鍛えるためにウォーキングをできるだけ毎日するようにしています。

 

 

それから、炭酸入浴剤などを使って毎日お風呂に入り、血行を良くする。

 

肘のリハビリやストレッチなどをしていると腕や肩の筋肉痛が結構強く出るので、お風呂に入るとそれが楽になります。

 

病院のリハビリで毎回可動域を測定して色々言われることもプレッシャー・ストレスになってきたので、病院にリハビリに行くのはしばらくお休みすることにしました。

 

骨折してからずっと必要最小限の外出しかしていないし、コロナなどもあって鬱っぽくなりやすいので、とりあえずは毎日楽しく過ごせるようにします。

 

これまで毎日毎日 腕の可動域のことばかり心配しながら生活していたので、いま、可動域の呪縛からいったん離れて、病院でのリハビリのプレッシャーからも離れてみたら、気分的に楽になって、体の余分な力も抜けたみたいです。

指の痺れもひどくなっていなくて わりと落ち着いているようなので、様子を見ながら少しずつ良くなっていけばと思います。

 

 

www.cosme-bb.com

 

 

www.cosme-bb.com