敏感肌さんの化粧品とアンチエイジング美容

敏感肌にやさしい化粧品と美容、アンチエイジングのブログ

スポンサーリンク

HABA(ハーバー)の洗顔フォーム「スクワフェイシャルフォーム」は泡がすごい

HABA(ハーバー)の洗顔フォーム、
スクワフェイシャルフォームのことについてです。

 

このあいだ スクワフェイシャルフォームを使って顔を洗ってみたら、「すごい…!」と思うことがありました。

 

ハーバーの洗顔料は初めて使ってみたのですが、いいなと思うことがあったので、その使用感想などを書きたいと思います。

 

ハーバー スクワフェイシャルフォームは泡がすごい

ハーバーの洗顔フォームは、サンプル品があったので、それを使いました。

 

ハーバー スクワフェイシャルフォームのサンプル

 

以前は顔を洗うとき、洗顔フォームタイプの洗顔料ばかり使っていたのですが、現在は泡で出てくる泡洗顔料か固形石鹸かのどちらかを使っています。

 

洗顔フォームを使うのは大分久しぶりでした。


ハーバーのスクワフェイシャルフォームは、泡だてネットを使って泡を作りました。

 

泡だててみると、とてもよく泡立って、モコモコの泡が早くできたので、

「わぁ…すごい〜」と思いました。

 

洗顔料はいろいろ試しているのですが、ハーバーのスクワフェイシャルフォームで泡立てた泡は、これまで使った他の洗顔料とはちょっと違う感じでした。

 

なめらかで きめ細かい ふわふわの泡
上質な感じの泡です。

 

弾力のあるモコモコの泡で洗うと、肌をこすりにくく、やさしく洗えますね。

 

上質な泡で顔を洗うと、優雅な気分♪ になります。
肌が美しくなりそうな…そんな気分にもなります。


洗いあがりはスッキリとしましたけれど、肌のうるおいは残っていました。

 

オルビスの日焼け止め&下地クリームが、きれいに落とせましたよ。

 

敏感肌の私ですが、ハーバーのスクワフェイシャルフォームを使って肌がピリピリしたり刺激を感じることはなかったです。

 


現在は泡洗顔料か固形石鹸で顔や体を洗うのが気に入っているため、今は洗顔フォームの購入は考えていないですが、またいつか 洗顔フォームが使ってみたくなったら、スクワフェイシャルフォームのことを考えたいと思います。 

 

 

 

スクワフェイシャルフォームの配合成分

成分の説明は一般的な作用を書いています。

  • グリセリン(保湿成分)
  • ミリスチン酸
    (高級脂肪酸、洗浄剤を作るときの材料)
  • 水酸化K(pH調整剤) 
  • コカミドDEA
    (ヤシ脂肪酸のジエタノールアミドを縮合して得られる洗浄成分)
  •  パルミチン酸
    (高級脂肪酸、洗浄剤を作るときの材料 )
  •  ステアリン酸
    (高級脂肪酸、洗浄剤を作るときの材料 )
  • ミツロウ(保湿・抗菌効果) 
  •  コカミドプロピルベタイン
    (両性界面活性剤、ヤシ油脂肪酸由来の成分、低刺激な洗浄剤)
  • ジステアリン酸PEG-150
    (乳化剤、増粘剤など)
  • ジステアリン酸グリコール
    (乳化安定、光沢を与える、増粘作用) 
  • ペンチレングリコール
    (保湿効果、製品の保存性を高める効果)
  • スクワラン
    (エモリエント成分、肌の角層内の水分蒸発を防ぐ。感触改善) 
  • シルク(保湿成分)
  • グリチルリチン酸2K
    (肌荒れ防止、消炎効果) 
  • 炭酸水素Na(重曹、pH調整剤)

 


ハーバーの化粧品は、現在、

ホワイトニングスクワラン(薬用美白化粧オイル)をスキンケアでよく使っていますよ。

シンプルな成分でとてもいいです。

 

ホワイトニングスクワランについては、こちらで書いています。↓ 

www.cosme-bb.com

 

 

洗顔料は、現在は簡単便利な「ミノンの泡洗顔料」など、肌にやさしくて潤いが残るタイプの洗顔料を使っています。

 

★ミノンの泡洗顔料 

www.cosme-bb.com

 

 

★ファンケル 洗顔パウダー

 

レビュー・口コミです。↓  

www.cosme-bb.com