敏感肌さんの化粧品とアンチエイジング美容

敏感肌にやさしい化粧品と美容、アンチエイジングのブログ

スポンサーリンク

資生堂 IHADA(イハダ)の化粧水・乳液・バーム。敏感肌用だけれど肌に合わない?

敏感肌処方で高精製ワセリンが配合された薬用スキンケア

資生堂 IHADA(イハダ)化粧水と乳液・バーム(医薬部外品)を使ってみました。


IHADA(イハダ)には12日間分試せるトライアルセットがありますので、このトライアルセットを買って試してみましたよ。

 

資生堂 IHADA(イハダ)トライアルセット

 


わたしは敏感肌で、市販の化粧品がお肌に合わないことが時々あるのですが、


IHADA(イハダ)は資生堂さんが作られている敏感肌用のスキンケア化粧品で、高精製ワセリンが配合されていることから、

わたしも使えるかな   お肌に合うかな…  どんな感じだろう と思い、使ってみることにしました。

 


現在は大きな肌トラブルはなく、お肌の調子はわりと安定している状態で、こんな肌の状態でIHADA(イハダ)を使ってみました。


IHADA(イハダ)の化粧水・乳液・バームを使った感想(口コミ)を書きたいと思います。

 

敏感肌用のスキンケア化粧品 IHADA(イハダ)肌荒れ・乾燥予防に

 

 

敏感で乾燥しやすいデリケートな肌は、バリア機能の低下によって 肌あれや乾燥トラブルをくり返しやすい状態です。


「イハダ」は、資生堂の皮膚基礎研究にもとづき、肌荒れや肌の乾燥トラブルを繰りかえしがちな敏感肌・乾燥肌を守り、すこやかで うるおいに満ちた美しい肌へ育むブランド


高精製ワセリン配合で肌のバリア機能を保護し、うるおい成分で肌を保湿します。


肌あれを未然に防ぐ成分が配合されています。

 

 

資生堂 IHADA(イハダ)の化粧水と乳液とバーム

 

 

 

低刺激処方

IHADA(イハダ)は、敏感肌でも毎日使える低刺激処方のスキンケア化粧品となっています。

 

  • 弱酸性(薬用ローション(とてもしっとり)・薬用エマルジョンにおいて)
  • 無香料
  • 無着色
  • アルコール(エタノール)無添加
  • パラベン(防腐剤)無添加
  • 厳選された材料を使用


⚫︎アレルギーテスト済み
⚫︎ニキビのもとになりにくい処方


(すべての方にアレルギーが起きない、また ニキビができないわけではありません。)

 

 

 

イハダ 化粧水の使用感想・口コミ

イハダの化粧水には
「しっとりタイプ」と「とてもしっとりタイプ」の2種類があります。


トライアルセットには「とてもしっとりの化粧水」が入っているので、今回は とてもしっとりタイプを使いました。

 


⚫︎イハダ 敏感肌用化粧水 
薬用ローション(とてもしっとり) 
(医薬部外品)

 

資生堂 IHADA(イハダ)の化粧水 とてもしっとり

 

使用感はサッパリ

化粧水の液は とろみがあまりないです。
とてもしっとりタイプの化粧水ですが、使用感はサッパリとしていて意外でした。


ワセリン 入っているの? と思うくらいサッパリとした感じ。


成分を見てみると、ワセリンはちゃんと入っていました。

 

IHADA(イハダ) 化粧水のテクスチャー

 

 

肌に刺激? 合わない?

イハダの化粧水を最初に顔につけたとき、なんとなく わずかにピリッとするような感覚がありました。


とろみがないさっぱりとした化粧水は肌にしみやすいので、頬にあった吹き出物(出来物)のところに しみたのかな?と思いますが…


いつも使っている他の化粧水ではしみません。


そのあとも別の日にイハダの化粧水を何回かつけて様子を見てみると、たまに少しピリッとする感じがあったり なかったり…


化粧水の成分が刺激になっているのかな?と思いましたが、でも、ほんのわずかにピリピリしている感じで、少し気になる程度です。

 


お肌が敏感なときは水系のものよりもワセリンなどの軟膏系のほうがしみにくいため、化粧水が肌にしみるときには、洗顔をしたあと 最初にバームをつけるとよいかもしれませんね。

 


イハダの化粧水と乳液の成分を見てみると、ジプロピレングリコールという成分が入っていて、調べてみると、ジプロピレングリコールはDPGのことで、


DPGは、かずのすけさん(美容を教える科学の先生)が、敏感肌には刺激になることがあるから避けたほうがいいと言われている成分です…。


このDPGの成分が刺激になって肌がピリピリしたのかな〜? と少し思ったのですが、どうでしょう…

 


でも、資生堂さんが 敏感肌に刺激になる可能性のある成分を敏感肌用の化粧品にわざわざ配合するかな〜?という疑問もあって… 
そのあたりはちょっと謎です。。

 


以前、資生堂の敏感肌用スキンケア「dプログラム エイジングケア」も使ってみたことがあって、その成分を見てみると、化粧水や乳液にジプロピレングリコール(DPG)が入っていました。


「dプログラム エイジングケア」を使ったときは肌に刺激はなかったのですが、でも なんとなく違和感というか…もうひとつ肌に合っていないような気がしていました。


それは DPGが原因だったのでしょうかね…

 

 

お肌がしっとりする

イハダの化粧水の使用感はサッパリとした感じでしたが、つけたあとは肌がしっとりとします。
しっとりなめらかになりました。


浸透がはやいと思いました。

 

 

★イハダ 化粧水 とてもしっとり

 

 

 

 

イハダ 乳液の使用感想・口コミ

 

⚫︎イハダ 敏感肌用乳液
薬用エマルジョン (医薬部外品)

 

資生堂 IHADA(イハダ)の乳液

 


イハダの乳液も想像していたよりもサッパリとした使用感。


ワセリンはベタベタする感じなので、ワセリン配合の乳液はべたつくのかなというイメージが少しあったのですが、そんなネットリとした乳液ではなかったです。


使用感は思ったよりもサッパリしていたけれど、イハダの化粧水と乳液をつけたあとの肌をさわってみると とてもしっとりとしていました。

 

IHADA(イハダ) 乳液のテクスチャー

 


イハダの化粧水と乳液をつけて 一晩寝たあとの肌は、落ち着いていて調子良い感じの肌でした。


でも、頬のあたりが少し乾燥しているようだったので、乾燥しやすい部分にはバームをつけるといいと思います。

 

 

★イハダ 乳液

 

 

 

 

イハダ バームの使用感想・口コミ

 

⚫︎イハダ 敏感肌用バーム
薬用バーム(医薬部外品)

 

資生堂 IHADA(イハダ)のバーム

 


イハダのバームに配合されているワセリンは、医療用ワセリンよりも精製度が高く、トラブル時の肌を優しく包むクリーム となっています。

 


イハダのバームを顔に塗ったあとは、ワセリンを塗ったときのような感じで、肌が乾燥しなくて しっとりしていました。


手で肌をさわると ちょっとベタっとしています。


でも つけていて顔がベタつくなどの不快感はなかったです。


バームで皮膚がしっかりと守られている感じ。

肌荒れのときに保護してくれそうで、乾燥を防ぐのによさそうと思いました。

 


肌あれなどがない時には、
手のひらにとったバームに化粧水を少したらして 両手に伸ばして顔につけると、顔全体にまんべんなく つけやすかったです。

 

洗顔で落としにくいような…

IHADA(イハダ)バームのテクスチャー

 

イハダのバームでちょっと気になったことがありました。


それは 洗顔したときのことです。


バームをつけていた日の夜、泡洗顔料でいつものように顔を洗ったあと、指で顔の肌をさわってみると、ワセリンぽいベタッとする感触がありました。


それで、ワセリンの成分が肌に残っているような感じがしたので、もう一度 頬に洗顔料をつけて顔を洗いました。


でも それでもまだワセリンっぽいものが残っていたようだったので、落ちにくいのかなと思いました。

 


それで、顔ではわかりにくいので、手の甲にバームをつけて試してみると、やはり、マイルドな泡洗顔料でやさしく洗う程度ではよく落ちていないようでした。


洗ったあと、手の甲がギラギラ・テカテカ光っていたので、ワセリンの成分じゃないかなと思います。

 


そのあと、泡で出るハンドソープでもう一度手を洗ったのですが、それでもまだ少し残っているようでした。


落ちにくいので肌の保護には良いかもしれません。


ちゃんときれいに落としたいときには、洗浄力が強めの洗浄剤でしっかり洗うようにするとよいと思います。

 

(個人の感想です。化粧品の使用感や効果の実感は個人差があります。)

 

 

★イハダ バーム

 

 

★IHADA(イハダ)トライアルセット

 

 

 

以前、肌荒れ時・肌トラブルで困っていたときに使うことができた低刺激なスキンケア化粧品 

 

★バッサ(WASSER)のスキンケア化粧品

こちらで詳しく書いています。↓ 

www.cosme-bb.com

 

 

 

 

イハダ 化粧水(とてもしっとり)の成分


《有効成分》
⚫︎アラントイン

(消炎効果、肌荒れを防ぐ)
⚫︎グリチルリチン酸ジカリウム

(抗炎症作用、肌荒れ防止)


《その他の成分》
精製水、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル、ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル、マルチトール液、トリメチルグリシン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、クエン酸ナトリウム、エリスリトール、クエン酸、メタリン酸ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム、L-グルタミン酸ナトリウム、常水、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ワセリン、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、フェノキシエタノール

 

 

 

イハダ 乳液の成分


《有効成分》
⚫︎アラントイン
⚫︎グリチルリチン酸ジカリウム


《その他の成分》
精製水、濃グリセリン、α-オレフィンオリゴマー、ジプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、テトラ-2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、ワセリン、デカメチルテトラシロキサン、モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、ベヘニルアルコール、バチルアルコール、カルボキシビニルポリマー、ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル、水酸化カリウム、キサンタンガム、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、メタリン酸ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、L-グルタミン酸ナトリウム、常水、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、フェノキシエタノール

 

 

 

イハダ バームの成分


《有効成分》
⚫︎グリチルレチン酸ステアリル

(抗炎症効果、肌荒れ予防成分)


《その他の成分》
合成スクワラン、ワセリン、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、α-オレフィンオリゴマー、パルミチン酸デキストリン、重質流動イソパラフィン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、無水ケイ素、シリコーン樹脂、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、テトラデセン、酸化チタン

 

 

ここまで、資生堂 IHADA(イハダ)の化粧水・乳液・バームについてでした。