敏感肌さんの化粧品とアンチエイジング美容

敏感肌にやさしい化粧品と美容、アンチエイジングのブログ

スポンサーリンク

石澤研究所の日焼け止め・敏感肌用UVジェルの残念なところ《口コミ》

顔につける低刺激な日焼け止めクリームが欲しいと思い、前から使ってみたいと思っていた石澤研究所の日焼け止めジェルを購入しました。

 

この春夏は、紫外線予防・UVカットをしっかりとしようと思って気合いが入っていますよ。

 

3月の中旬くらいから、昼間に外出するときには日傘を持ち歩いて、なるべく日陰を歩くようにしています。


敏感肌で、日焼けをすると肌が赤くなってヒリヒリ痛くなることがあるので、皮膚がダメージを受けないように、また、シミやシワ・たるみ予防としても日焼け対策をしっかりとしておきたいと思います。

 

石澤研究所の敏感肌用ノンケミカルUVジェル

石澤研究所の日焼け止め化粧品は何種類かあります。

 

そのなかで、一番肌にやさしそうな

敏感肌もまもる ノンケミカルUVジェル N 

販売名: 紫外線予報 NC UVジェル

 

という日焼け止めを購入しました。

 

ピンク色と白色の箱に入った日焼け止めジェルです。

65g入り

 

石澤研究所 敏感肌用の日焼け止めUVジェル

 


⚫︎紫外線予防効果  SPF30 PA+++

 

低刺激処方の日焼け止め

⚫︎紫外線吸収剤が使われていない

⚫︎石けんで落とせる

⚫︎界面活性剤不使用

 

石澤研究所のUVカット スキンケアラインとボディーケアラインの日焼け止め製品の中で界面活性剤が不使用となっているのは、このノンケミカルUVジェルだけです。

 

また、石澤研究所の紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの中で、石けんで落とせるタイプは、ノンケミカルUVジェルひとつだけとなっています。


そのほかには、

 

⚫︎無色素・無香料・無鉱物油

⚫︎ノンパラベン

⚫︎ノンアルコール

の無添加処方となっています。

 

⚫︎1歳から使える

⚫︎ウォータープルーフ

 (防水・水や汗、皮脂に強い)

 


石澤研究所の日焼け止め
《ノンケミカル スキンケアラインとボディケアライン》

 

石澤研究所 日焼け止めの種類の表

 

化粧下地に使えない?

ノンケミカルUVジェルでひとつ気になったのは、化粧下地に使えるという欄に丸印がついていなかったことです。

 

石澤研究所のノンケミカル スキンケアラインの3つの日焼け止めの中で、他の2つの日焼け止めクリームは化粧下地に使えるようですが、敏感肌をまもるUVジェルだけ〇印がついていません。

 

ジェルなので、化粧下地としては不向きなのかも。

 

わたしがこのノンケミカルUVジェルを何度か使ってみたときには、化粧下地として使えていました。

 

この化粧下地のことについては、使用感想のところでまた、思ったことを少し書きたいと思います。

 

 

 

石澤研究所 敏感肌用UVジェルの口コミ・使用感想

石澤研究所の敏感肌用 日焼け止めジェル

 

石澤研究所の「敏感肌もまもるノンケミカルUVジェル」は、ジェルというよりも… やわらかいクリームのような日焼け止めです。

乳液とクリームの中間くらいのやわらかさ。

 

肌に塗るときは、とてもなめらかに塗ることができて使いやすいです。 

肌にムラなく均一にきれいにつけられていいと思います。

 

顔が白くならない

石澤研究所 ノンケミカルUVジェルのテクスチャー

 

白色のやわらかいクリームのようなジェルは、肌につけると透明になり、多めにつけても顔が白くならないのでいいです。

 

顔が白くなる日焼け止めクリームは、メイクをするときには都合が良いことがありますけどね

 

あまりメイクをしたくないときには、眉毛や口、まつげのあたりまで白っぽくなってしまって、そのままの顔で出かけたり 人に会うのはちょっと変なので、仕方なく眉を描いたり口紅をつけたりしてメイクをすることになります。

 

保湿効果

敏感肌用ノンケミカルUVジェルをつけた部分は、お肌がしっとりとしています。

 

配合されているコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分がお肌をうるおしてくれるのでしょうね。

 

化粧下地で使う

石澤研究所のノンケミカルUVジェルを化粧下地として使ってみると、特に問題なく使えました。

 

わたしは化粧をするときはリキッドファンデーションは使っていなくて、石けんで落とせるパウダーファンデーションかフェイスパウダーを使用しています。

 

石澤研究所の日焼け止め紹介では、ノンケミカルUVジェルは化粧下地に使えるようになっていなかったので、ファンデーションの種類やつけ方によっては きれいにならないのかもしれないです。

 

香りが気になる…

石澤研究所の「敏感肌もまもるノンケミカルUVジェル」は、


・界面活性剤が使われていなくて
・石けんで落とせるし、
・紫外線吸収剤が入っていなくて、
・保湿力があり
・低刺激で
・きれいになめらかにつけられて
とてもいいと思います。

 

でも… ひとつだけ 結構気になることが…

 

それは、柑橘系の香りが強めで、その香りのある成分が肌に刺激にならないかなと心配になることです。

 

肌に刺激にならなかったとしても、柑橘系の匂いが鼻にツンときて、あまり心地よくないです。

 

香りがよくないというよりも、体質的な問題です。

香りが苦手だとか、匂いで気分が悪くなるという方は結構たくさんおられますね。

 

ノンケミカルUVジェルは無香料となっているのですが、柑橘系の香りがするのは配合成分のオレンジ精油の香りのようです。

 

お店のテスター(お試し品)で試したときには 香りはほとんど気にならなかったのですが、購入して家でつけてみると、結構気になりました。

 

お店に置いてあった日焼け止めのテスターは香りが大分抜けていたのかな〜?

 

個人的には、肌につける化粧品類の香りは なにもないほうが好きです。

 

ノンケミカルUVジェルの箱には、
「とことん低刺激にやさしく」と書かれているので、それなら、オレンジ精油とか わざわざ入れなくてもいいのになと思うのですが…

 

他の人の口コミを見たときにも同じことを言われている方がいました。

 

敏感肌で過去に顔の肌トラブルが何度か起きていると、ちょっとしたことでも 大丈夫かなと気になったりしますね。

 

顔は大事なので、顔につける化粧品類はいろいろ気をつけたいです。

 

化粧品の香りに癒されるという方もいらっしゃるので、そんな方には精油の香りがする日焼け止めはいいだろうなと思います。

 

わたしが石澤研究所のノンケミカルUVジェルで気になるのは、その香りのことだけで、それ以外は とても良い日焼け止めだと思います。

 

 

 

 

香りがしない低刺激な日焼け止めクリームでは、ディアパーフェクトの日焼け止めクリームがあります。

 

レビューはこちらで書いています。↓ 

www.cosme-bb.com

 

 

 

 

石澤研究所 ノンケミカルUVジェルの成分

成分説明は一般的な用途の説明です。

 

⚫︎
⚫︎パルミチン酸エチルヘキシル
(油性成分、エモリエント剤) 

⚫︎酸化亜鉛
(紫外線散乱剤、近赤外線カット成分、白色顔料) 

⚫︎BG(保湿成分)

 

⚫︎ポリヒドロキシステアリン酸
(油性成分、合成ポリマー、エモリエント剤) 

⚫︎加水分解コラーゲン(保湿成分)
⚫︎アセチルヒアルロン酸Na

(保湿成分)


⚫︎アセロラ果実エキス(保湿成分)
⚫︎アロエベラ葉エキス(保湿成分)
⚫︎オウゴン根エキス(保湿成分)
⚫︎カミツレ花エキス(保湿成分)
⚫︎ブドウ葉エキス(保湿成分)
⚫︎マグワ根皮エキス(保湿成分)
⚫︎ユキノシタエキス(保湿成分)

⚫︎イソノナン酸イソトリデシル
(エモリエント効果)

 

⚫︎酸化チタン
(白色顔料、着色、紫外線散乱剤 UV効果) 

⚫︎ペンチレングリコール
(保湿効果、製品の保存性を高める効果) 

⚫︎セタノール(乳化安定、感触改善)

⚫︎オレンジ油
(精油、柑橘系の香りのオイル) 

⚫︎α-アルブチン
(アルブチンのこと。美白成分)

 

⚫︎ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル
(増粘剤、とろみをつける) 

⚫︎(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー
(乳化安定、増粘剤) 

⚫︎メチコン
(シリコーン油。撥水性を向上させ、汗に強い化粧膜をつくる。) 

⚫︎アルミナ
(つやを与え、明るくなめらかな肌にととのえる成分、酸化チタン表面処理剤) 

⚫︎トコフェロール
(ビタミンE、抗酸化作用、血行促進)

 

⚫︎t-ブタノール
(溶剤、変性剤、品質安定) 

⚫︎フェノキシエタノール(防腐剤)

⚫︎エチルヘキシルグリセリン
(保湿剤、製品の保存性を高める効果)

 


成分を調べてみたら、美白成分のアルブチンが入っていました。

購入するときには気がつきませんでした。


わたし…アルブチンは肌に合わないような気がしているのですが…
大丈夫かな

 

いまのところは特に問題ないようですが… ちょっと心配です。

量がたくさん入っていないのかもしれません。

 


石澤研究所の日焼け止め ノンケミカルUVジェルの使用感想(口コミ)、成分などについてでした。

 

 

 

石澤研究所 透明UVスプレー(顔・体・髪用)

石澤研究所のノンケミカルUVジェルは顔にも体にも使えるようになっていて、わたしは主に顔につけようと思って購入しました。

 

日常使いで体につけるには価格的にちょっと高価かなと思います。
60g入り 2,300円

 

腕や脚などの体用には、

石澤研究所の透明UVスプレーがいいなと思っています。

 

透明UVスプレーは紫外線吸収剤不使用ではないですが、紫外線カット成分がシルクカプセルに包まれていて肌に直接触れない処方のため、肌に低刺激に使えるということです。

 

あと、クレンジング剤を使わなくても石けんで落とせるところもいいです。


わたしは首の紫外線予防にはスプレータイプの日焼け止めを使うことが多いので、いま使っているスプレータイプの日焼け止めがなくなったら、石澤研究所の透明UVスプレーを買おうかなと考えています。

 

 

 

 

スプレータイプの日焼け止めは、外出前にシュシュっと簡単に早くつけられて便利ですし、クリームなどのように体がベタベタしないのでいいなと思います。


透明UVスプレーはボトルが大きいので、持ち運びにはちょっと大変そうです。

 

外出時には石澤研究所の

メイクを守るUVスプレー」が、バッグの中にも入れやすくて良さそうです。

 

メイクの上からスプレーできたら、外出中に紫外線が気になったときにサッと吹きかけられて、しっかりと紫外線予防ができそうですね。

 

日焼け止めはこまめに塗り直すことが大切だと言われていますから、「メイクを守るUVスプレー」は簡単に使えていいと思います。

 

 

 

 

~敏感肌 日焼け止めの関連記事~

 

★エトヴォス ミネラルUVパクト・UVパウダーのレビュー

www.cosme-bb.com

 

★ノブ 化粧下地&日焼け止めのレビュー 

www.cosme-bb.com